MAMETA's LIFE-SIZE LIFE

成長株投資で資産形成を行う30代サラリーマンのブログ。結婚や育児、マイホームに関わるお金もご紹介。

結婚したいのに出会いがない人にはPairsがおすすめ

結婚したいけど、出会いがないと嘆いている人。
「みんなどこで良い相手に出会っているの?」と不思議に思いませんか?

この記事では、ぼくが実際に異性と知り合うことができた方法を紹介しています。

 

ベンチに座るカップル

 

結婚している夫婦の出会いのきっかけを調べてみると、次のような項目があります。

  • 学校
  • 会社
  • アルバイト先

あなたの身の周りにも多くないでしょうか。

ぼくのまわりには社内恋愛で結婚した人がやたら多いです。
 

でも、業種や部署によっては、そもそも男女比が違いすぎて、会社内での出会いなんて絶望的という人もいますよね。また、うまくいかなかった時のことを考えて、同じ会社の人とつき合うなんて嫌だ、という人も。

でも、すでに社会人として生活していると、学生時代のツテもなく、会社以外になかなか他人との接点もなくなります。

もはや出会えない。 え、自分って結婚できないのかな、、、
と不安になってしまう。

 

大丈夫です!

例えば次のような方法を試してみましょう。

 

1. サークルイベントを探して参加してみる

あなたの住んでいる地域に、同年代の集まりそうなサークルがあると思います。まずはそこに参加してみてはいかがでしょうか。

「◯◯(地名) □□(スポーツや飲み、など)」で検索すればたくさん出てきます。

 

個人的にはオススメはスポーツですかね。スポーツの種類にもよりますが、だいたい20代が集まります。なぜなら、部活などのある高校生大学生はいませんし、子供のいる30代以降はあんまり参加しません。必然的に、独身の20代社会人が多くなります。

また、一緒にスポーツをやってると自然に声を掛け合うので、だんだん仲良くなることができます。オススメはバレーとかフットサルとかのチームスポーツですかね。

 

ただ、あまりスポーツは得意じゃないし、お酒も強くない。
そもそも大勢の人の間に入っていくコミュニケーション力に不安、、、という人もいますよね。


そこでオススメするのが次の方法です。

2. Pairs(ペアーズ)

なんだよ、出会い系かよ、と思ったそこのあなた。
ペアーズはマッチングサービスの中ではもっとも真面目なもののひとつだとぼくは思っています。
実はぼくはペアーズを使って実際に出会ったことがあり、これは経験者としての話です。

理由としては下記の点です。

ペアーズがオススメできる6つの理由
・登録人数が国内最大級
・Facebookと連動しているため業者が少ない
・運営側の24時間365日の監視体制
・コミュニティに入ることで共通点のある人を探すことができる
・条件面で選別できるのでギャップが少ない
・女性は完全無料

 

登録人数が国内最大級

登録人数はなんと1000万人超えです。
日本の10人に一人くらいが登録していることになりますが、年代的に考えると、20~30代のかなりの人は登録しているのではないでしょうか。
マッチングアプリは一番人数の多いところをひとつだけ使うのが良いです。
男性にとっては複数登録したところでお金の無駄ですしね。

 Facebookとの連動

友達が10人以上いないと登録できないようになっています。これなら業者も入りにくいですよね。なお、Facebook上の友達同士は非表示になるため、安心です。ぼくも使っていて1度も知り合いに会ったことはありません。

 運営側の24時間365日の監視体制

登録時の審査を人の目で行っているので、業者などが入りにくく安心できます。
ただ、個人ビジネス(ネットワークビジネス)のような人はいる印象です。(後述)

コミュニティに入ることで共通点のある人を探せる

ペアーズアプリ内には100,000を超えるコミュニティが存在します。
たとえば、「海外旅行好き」、「ワンピース好き」というような好みのものから、「問題はきちんと話し合う」「親友のようなカップル」などの、どんなつき合い方が良いかまで選べます。個人的にはこの部分で相性の合う人を絞り込めるのでポイントです。

条件面で選別できる

男性としてはあまりうれしくはないですが、年収〇〇円以上、大卒、などフィルタをかけて検索することができます。将来の子どもの有無の希望などはここで絞り込むと良いですよ。

女性は完全無料

これ、大事です。女性は完全無料。つまり女性は登録しておいて損はありません。
変な人から「いいね!」がきてもブロックすればすみますので。
これにより、女性の登録者が増えており、それに比例して優良な男性利用者も増え続けています。

 

 

でもやっぱりマッチングアプリって抵抗がある

でも、やっぱりなんかマッチングアプリって抵抗ありますよね。
現在の出会いの比率を表したのが下記のグラフですが、4位になにが当てはまるかわかりますか?

出会いのきっかけランキング

(出典:アニヴェルセル総研)

なんと、SNS、マッチングアプリなのです!

もちろん、オンラインゲームなどで知り合うなど、マッチングアプリ以外の項目も含まれていますが、それにしても最近の時代は変わって来ていることが分かると思います。

上記表は2014年度の調査なので、今ではさらに割合としては上位に来ていると思われます。

 

実際に会うか会わないかは後で考えればよいので、1度どんな人がいるのか登録してみてください。意外と近くのエリアにも使っている人が多いんですよ。

「私マッチングアプリ使ってるんだ」なんて、友達にもあまり普通の会話で話さないですもんね。実はあなたの友達も使っているかもしれません。

 

 

いい相手に出会うためのペアーズの使い方

 

  • まずは自分のプロフィールを充実させる。

これ、大事です。登録後、お相手を探してみて、「あ、この子いいな」と思うかもしれませんが、ストップ!!
その前にまずは自分のプロフィールを充実させてください。
自分のプロフィールを読んで、何となく自分がどんな人なのかを伝わるようにしてください。逆の立場だったら、よくわからない人から「いいね」されても困りますよね。

いきなり「いいね」すると、せっかくマッチングできたかもしれない相手を逃してしまいます。

プロフィールの文章を書くのが苦手な人は、コミュニティにたくさん入って自分がどんな人かが伝わるようにしましょう。たとえば、「シンプルなファッションが好き」「理想は一緒に居て気を使わない人」「筋トレで美BODY目指してます」などなど、これだけで自分のイメージが伝わってきますよね。

 

  • 気になる人を見つけて、いいね!とアピールしてください。

向こうからもいいね!が返ってきたらマッチング成立です。
一度「いいね!」をしたら、おとなしく待つのみです。

探し方としては、「地域」で絞り込むのもいいですし、コミュニティ内で近い人を探すのもオススメです。

 

  • マッチングした!

おめでとうございます。いよいよ次のステップです。
男性か女性か関係なく、最初にいいね!した方からメッセージを送るのが礼儀かなと、ぼくは個人的に思っています。

男性の場合はメッセージ送るには有料プランに入る必要があります。
1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のプランから選ぶことができます。

 

有料会員について ぼくのオススメの使い方ですが、まずは気になる子を探して「いいね!」する。
「いいね!」が返ってきてマッチングしたら、そこから3ヶ月のプランを申し込む。3ヶ月の理由ですが、だいたい1ヶ月~2ヶ月くらいアプリ上でやり取りをして、あとはLINEなどを交換する感じの流れになるためです。

 

  • LINEなどの交換

ある程度の期間メッセージがつづく信頼できそうな人ならば、LINEなどの連絡先を交換しても大丈夫でしょう。ぼくは意気地なしなので、なかなかLINE交換を言い出せず1ヶ月くらいはアプリでメッセージをやり取りしていました。

 

  • 実際に会う

メッセージのやり取りがすごい楽しくて、気づくとアプリ上で恋人のようにやり取りしていた。ちょっと待ってください。やはり会ってみないと分からない部分もありますよ。何回かデートしてみて、良さそうだったら「結婚を前提につき合おう」のひとことを伝えておきましょう。なあなあの関係は良くないのでケジメはつけましょうね。

ペアーズの気になる点

  • やっぱりサクラとか業者はいるの?

まず、サクラはいないと断言します。
サクラ、というのは会社の人間が個人になりすましてメッセージを送ることですね。1メッセージごとに課金が必要な他のサービスとは異なり、ペアーズは定額制サービスなので、会社側がそのようななりすましによりメッセージをやり取りさせるメリットがありません。

先ほども書いたように、これだけ登録人数がいて、男性が有料会員になっていれば会社がサクラのようなことをする必要性もありませんしね。また、ペアーズを運営している会社はエウレカといって、アメリカの上場企業IACの傘下にはいっている会社ですし、違法なことはしないはずです。

 

ただ、ぼくが運営会社に言っておきたいのは、変な輩はいます。多いのはネットワークビジネスですね。まあ、登録人数が多すぎて会社が管理できないのかも知れませんが。通報ボタンもあるので、みんなのためにも運営に通報しておきましょう。

 

  • 危ないやつ(業者、その他)の見分け方

当然ですが、会話が成立しないのはアウトです。
こちらが聞いていることを無理な流れで流したりですね。
また異常に短文であったり。
仮に業者でなくても、人に対する配慮のない人は付き合う必要のない相手です。
マッチングして嬉しかったとしても、いさぎよく切りましょう。いい相手はたくさんいます。

 ネットワークビジネス系は、プロフィールを見ればだいたいわかります。
職業に「自由業してます」とか、「人をプロデュースする仕事をしてます」とか、とにかくボヤーんとしてます。素直に会社員、とか書けないのですからね。

そしてやたらすぐ会おうとしてくるのも特徴です。
ネットワークビジネス系は、人を増やしてなんぼなので、一人にたいして余計な時間をかけるのが惜しいですからね。
「軽くカフェで話そう」みたいな感じで誘ってきます。
注意してくださいね。

 男性の場合は、すぐにペアーズ以外のアプリに移ろうとしてくる女性に注意してください。
有料会員期間のある男性と違って、女性は完全無料です。女性のほうから他のアプリで会話を提案する理由はあまりありません。ペアーズ内でメッセージが来れば通知が来ますしね。

 

  • 良い相手の見分け方

まずはアプリ上で話をふつうに続けられるか確認してみましょう。女性側は無料のため、アプリ外に移ることをあせる必要はありません。男性側から誘われるまで待てばOKです。だいたい1ヶ月くらいは会話が続けて、お互い信用できそうかどうかチェック期間を設けると良いでしょう。 

また、当然ですが、会話のテンポや言葉の選び方が自分と似ていれば実際に会ったときにも相性が合う確率が高いです。

先ほども書きましたが、自分にあったコミュニティに登録し、そのコミュニティ内で検索してみてください。きっと相性の良い相手を見つけることができます。

 

  • 写真は登録すべきか

これは確実に登録すべきです。
ただ、顔がばれるのは嫌だという人もいますよね。
そういう人は、後ろ姿であったりとか、顔がわからないくらいの小さく引いた写真であったりとかを登録すると良いでしょう。
とにかく自分がどういう雰囲気の人なのかが伝わるようなものがマッチングのためには重要です。

 

  • 実際に出会うときは

初めて実際に会うときの注意事項としては、人の多いところで会いましょう。

男性の方は、女性に提案するときは人の多い街中でのランチなどが女性からのOK率が高いと思います。メッセージを続けてはいても、やはりネットで知り合った人と会うのは不安なものです。その女性側の不安な気持ちを取り除いてあげるよう配慮してください。

待ち合わせ場所と、目印となる服装などを決めておくと良いです。

なお、会う前に写真を交換するかどうかは臨機応変に決めてください。ただ、写真のデータを送るのが不安な人もいるようなので、メッセージで断られたからといって、厳しい対応はしないようにしてくださいね。

 

  • 会ってみてあまり好きではないときは

マナーとして、その日の決めていたプランはこなしましょう。
その上で、最後に直接でもいいですし、言いにくければ別れたあとにメッセージで「今日は楽しかったけれど、交際までは考えられなさそう」とやんわりとお断りを入れましょう。

 

  • 退会するには

ペアーズを使ってみたけれど、やっぱりいい人がいないから退会したい。
いい人とつきあえたから退会しよう。

そんなときはペアーズを退会する必要がありますが、少し分かりにくいので、方法を説明します。

・アプリ内一番下の「お問合せ」をクリック
・「お問合せフォーム」内の、「お問い合わせカテゴリ」から「退会」を選択
・「退会手続きの画面へ移動します」の質問で「はい」を選択
・退会理由を選択し、「退会手続きを続ける」を選択

 詳細はヘルプにものっています。

 

  • 親や知人に紹介するときは

マッチングアプリを使っていて一番悩むのはこれかもしれませんね。当たりさわりのない表現として、「共通の趣味で知り合った」と言っておきましょう。
コミュニティで知り合えば、共通の趣味がゼロということはあり得ないと思いますし、本当のことですね。

 

まとめ

以上、結婚したいのに相手がいないときはペアーズを使ってみる!でした。
参考になれば。

 

f:id:kokore0:20190710184140j:plain