MAMETA's LIFE-SIZE LIFE

株やFXで資産形成をめざす30代サラリーマンのブログ。結婚や育児、マイホームに関わるお金もご紹介。

嫁のつみたてNISAは「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」に決定

f:id:kokore0:20190621222123j:plain

 

嫁の楽天証券の開設ができたので、つみたてNISAの設定をしました。

 

今回ぼくたちが選んだ投資信託と、年間のつみたてNISA枠を使い切る方法を紹介したいと思います。

 

関連記事はこちら↓

www.mame-ta.com

 

www.mame-ta.com

 

eMAXIS先進国株式インデックスにしたわけ

さて、今回つみたてNISAを行うにあたり、候補としては以下のとおりでした。

 

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド ※ぼくが積立中
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500) ※ぼくが積立中
  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス

 

今までネットで情報を集めた中で良さそうなもの、またはかつて自分が持っていたことのあるものです。

 

この中から、eMAXIS Slim先進国株式インデックスを選んだ理由ですが、単純に手数料の一番安いものを選びました。

 

手数料順に並べると次のとおりです。

 

  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス  0.107892%
  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)  0.1512%
  • 楽天・全世界株式インデックスファンド  0.1596%
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)  0.162%

 

eMAXIS Slim先進国株式インデックスの手数料の安さが分かると思います。

 

投信は正直に言うと、過去の実績値などはあまりあてにならないと思います。

しかし、手数料部分は確実に効いてきますので、よく確認すべきです。

 

また、楽天・全世界株式インデックスファンドはぼくがすでに積立中のため、比較のために嫁の方は選択しないようにしました。

 

積立設定について

積立注文の仕方ですが、毎日積立にしています。

どちらを選んでも手数料など特に変わりありませんので、より分散のできる毎日積立にしてけばいいや、という軽い考えです。

 

またぼくたちのように年度の途中から始めた場合も、つみたてNISAの年間枠40万円を使い切るように積立注文が可能です。

 

「増額オプション」というやつですね。

 

年間枠を使い切らないと損ですので、投資金があるならば設定しておきましょう。

 

投資額ですが、

年間40万円、月額換算で約3.3万円となります。

 

※ただし、予想外に順調に嫁が妊娠しましたので、いつまで積み立てを継続するかは検討中です。嫁の収入がなくなると、さすがに2人分の投資信託を積立つづけるのはきつくなります。

ぼくの方はというと、別の方法で資産形成の仕込み中です。(そちらはまた別記事で)

 

 

楽天証券ではクレジットカードで投信積立できる

f:id:kokore0:20190706104411j:plain

 

楽天証券ではクレジットカードで投信を購入することができます!

なんか珍しいですよね。

 

楽天カードの取り扱い金額を増やそうという魂胆が見え隠れしますが、、、

 

クレジットカードで購入すると通常の買い物と同様1%の楽天ポイントが付与されることから、顧客側からすれば損はないのでクレジットカードで購入するのも良いでしょう。 

 

ただし注意点として(マネーリテラシーがあればふつうはしていないとは思いますが)、クレジットカードはリボ払いにはしないよう注意しましょう。
手数料がかなり持っていかれますので。

 

 

楽天証券は楽天銀行と連携(マネーブリッジ)するとお得

 

楽天経済圏利用者ならばよく知っていると思いますが、楽天銀行と楽天証券をマネーブリッジで連携させると、楽天銀行の利率が0.1%になります。

 

通常の銀行では0.01%程度であることを考えると、破格ですよね。

 

100万円預けていれば、年に1000円になります。

・・・無いよりは、マシですよね。