MAMETA's LIFE-SIZE LIFE

30代共働き世帯が株やFXによる資産形成を行っています。結婚や育児、マイホームに関わるお金もご紹介します。

新婚旅行にハワイに行った話① 旅の予算は?

青空を背景にビーチに並ぶヤシの木


今回は、挙式後の新婚旅行の話です。

皆さんはどこに行く計画を立てていますか?

 

僕たちの旅行計画の流れを振り返りたいと思います。

予算

まずは旅の予算です。

僕たちはふたりで60万円以内を目標としていました。

そうすれば、結婚式の自己負担目標100万円とあわせ、ひとりあたりの出費が100万円以内にすることができます。

僕たちは独身時代にためた貯金のうち、100万円くらいは結婚式で使うと想定していました。

日取り

僕たちは挙式の次の週にそのまま新婚旅行に行くことにしました。

理由としては、会社の慶事休暇という制度をつかって、長期連休がとれたからです。

また、結婚式後すぐに同僚と顔を合わせるのが気恥ずかしい、という気持ちも少しありました。

目的地

新婚旅行として最も多い行き先はどこでしょうか?

JTBで調べてみると、

  1. イタリア
  2. ハワイ
  3. スペイン
  4. バリ島
  5. フランス

のようです。

どうやら、必ずしも「ビーチ」というわけではないようです。

夫婦二人とも行ったことの無いところを選ぶのでしょうか。

僕たちは、ヨーロッパがまだ不安だったこと、二人ともハワイに行ったことが無かったことから、ハワイと決めていました。

航空券はどこで手配するのか?

さて、実は僕は仕事の出張以外で海外へ行ったことがありません。

つまり、航空券の手配の仕方を知らないのです。

調べてみると、エクスペディア、トラベルコなどで手配するのが安いようです。

ここは次回の旅行でトライしてみたいと思います。

けっきょく旅行代理店へ

いろいろ調べてみたものの、僕たちは結婚式の準備と旅行の準備を平行して進めており、自己手配で何か漏れがあっては大変と考え、旅行代理店へ行くことにしました。

 近場で候補としてあがったのがHISとJTBでした。

どちらもハワイには非常に強く、よく比較されています。

 

JTBのお姉さんの説明がとても親切で、JTBに気持ちが傾きかけたのですが、ここは金額をとってHISに決めました

同等のツアーで5万円ほどの差があったのと、ホテルの朝食つき、送迎はリムジン、という点に惹かれました。

 空港便は?

HISではハワイアン航空を勧められました。一番安いとこですね。

ハワイ行きの便ですが、関東圏では、成田発と羽田発があります。

僕たちは羽田発HA458便、ホノルル発HA457便をオススメします。

なぜなら、時間を有効活用できるからです。

 

  • 日本時間21:20発→(8時間ほどFT)→現地時間10:15着
  • 現地時間16:05発→(8時間ほどFT)→日本時間19:25着

お気づきのように、どちらも出発時間が遅めです。

これがどういうメリットかというと、出発日は平日の仕事後でも間に合います

また、ハワイから帰国の最終日も半日はハワイを楽しむことができるのです。

僕たちも最終日にぶらぶらとショッピングを楽しみました。

 

※僕たちは下記サイトを参考にさせてもらいました。

http://alohahawaii.club/home/travelinfo/haneda-airport-flight/

 ほかにもハワイでの情報が一通りそろっています。

 ホテルは?

次にホテルです。

ハワイ初心者によくオススメされるのが次の3つだと思います。

  • ヒルトンハワイアンビレッジ
  • ハイアットリージェンシーワイキキ
  • シャラトンワイキキ

ヒルトンハワイアンビレッジ

ヒルトンはエリア内でほぼ完結して楽しむことができます。ただし、僕たちは初ハワイということでいろいろな観光名所へ行ってみたかったので、今回は却下。

なお、金曜日の夜は花火が上がります。僕たちは残念ながら見ることが出来ませんでした。

ハイアットリージェンシーワイキキ

ハイアットリージェンシーは、HIS担当者にはあまりオススメされませんでした。

理由としては、「ビーチまでカラカウア・アベニューという大通りを1本挟んでいるため、水着でふらっとビーチに行くことは出来ない」とのことでした。

 

※しかし、現地に行ってみるとわかりますが、信号のある大通りを挟むとはいえ、全然問題はなさそうでした。水着の上にさらっとラッシュガード等を羽織り、気軽にビーチへアクセスできます。

シェラトンワイキキ

僕たちは結局ここに決めました。

ビーチが目の前で、抜群のロケーションです。

ワイキキビーチときいて多くの方がイメージする下の画像はここから見えます。

 

シェラトンワイキキからワイキキビーチを上から見下ろす

シェラトンワイキキ レアヒクラブラウンジからの眺め

また、27階フロアはHIS専用となっており、僕たちは今回そこを利用しました。

この部屋のプランには、最上階のレアヒクラブラウンジ利用も可となっており、私たちは朝食で毎回利用させてもらいました。

ハワイでは物価が高いため、朝食をどこかで食べようと思っても、お店だと1000円程度掛かってしまいます。

なので、朝食付きはお得だと思います。

なお、2020年5月まで改装工事中ということで、日中はかなり大きな音がします。

 

もし次回行くとしたら

ホテルは正直、もっとグレードを落としてもいいと思います。

シェラトンには満足していますが、日中は基本的に部屋にはいないので、どこでも一緒です。

僕たちは、新婚旅行としての思い出作りに、今回は良いところを選びました。

次はハワイで行ってよかったところを紹介したいと思います。